Photoshopで吹き出しを作る方法

Photoshopで資料や作品を作成している時に、吹き出しを描画したいと思う場合があると思います。Photoshopでは、吹き出しも簡単に描画することが可能です。今回は、Photoshopで吹き出しを簡単に描画する方法をご紹介します。

Photoshopで吹き出しを作る方法

Photoshopを開いたら、吹き出しを配置したい画像を開いたり、新規ファイルを作成を作成してください。

screenshot-56

吹き出しを作成する方法は幾つかありますが、今回は一番簡単なカスタムシェイプツールを利用します。ツールバーからカスタムシェイプツールを選択してください。

589

オプションバーからシェイプの項目を確認してください。シェイプが表示されている部分をクリックすると、下部にシェイプの一覧が表示されます。Photoshopでは、デフォルトで幾つかの吹き出しが用意されているので、そこから好きな形の吹き出しを選択してください。

563

あとは、ドラッグするだけで、簡単に吹き出しを描画することができます。

オプションバーから、塗りとストロークを変更することで、吹き出しの色を指定できます。

592

塗りだけ青に設定しました。このようにどちらか片方だけの設定もできます。

また、オプションバーの赤枠をクリックすると、画像のようなメニューが表示され、オプションバーのストロークの種類も指定することができます。

594

ストロークだけ色をつけて、線の種類を破線に設定しました。すると、このような吹き出しを描画することができます。

色や線を状況に合わせて好みにカスタマイズして使用してみてください。

また、プレゼンテーションでも使うことの多い、矢印の作り方は以下の記事で解説しています。


購読

平日・毎朝更新中