Photoshopのレイヤーとは?基本の操作とレイヤーの種類

Photoshopにはレイヤーという、層状に重ねることができるフィルムのような機能があります。このレイヤー機能を利用すると、画像の合成や写真補正を簡単に行うことが可能です。

そこで今回は、Photoshopを使う際に理解しておきたいレイヤー機能について紹介します。レイヤーに関する基本的な操作と、レイヤーの種類について確認していきましょう。

Photoshopのレイヤーとは

レイヤーパネルの表示画面です。

レイヤーを作成すると、レイヤーパネルに表示されます。レイヤーそのものは無色透明で、何もオブジェクトが存在しません。

このレイヤーに色をつけたり、オブジェクトを配置したりしながら、フィルムを重ねていき編集を行っていきます。

レイヤーの基本操作

新規レイヤーを追加する

レイヤーパネルの右から2番目のアイコンをクリックすると、新規レイヤーの作成が可能です。レイヤーを増やす上限や、効果がつけられる限界は、使用しているマシンのスペックに依存します。

ショートカットキーはCommand+Shift+N (Mac)/Ctrl+Shift+N(Windows) が利用できます。

レイヤーを複製する

すでに作成したレイヤーを複製する場合は、レイヤーを選択した状態で右クリックします。サブメニューが表示されたら、レイヤーを複製を選択してください。

ショートカットキーは、Command+J(Mac)/Ctrl+J(Windows)です。

レイヤーを移動する

レイヤー自体を動かすことで、レイヤーに描画したものを移動させることができます。下の画像を確認してみましょう。黄色い円と緑色の円のオブジェクトが、レイヤーごとに分かれて描写されています。

レイヤー1がレイヤー2の上にくるように、レイヤーの順番を入れかえます。入れかえたいレイヤーをクリックした状態のまま、レイヤーパネルの上部に持っていきましょう。

黄色い円のオブジェクトが手前に見えるようになりました。

レイヤーをグループにまとめる

増えてしまったレイヤーは、グループにまとめることができます。グループにまとめておくと、グループに内包されているレイヤーを一括で移動させたり、削除することができて便利です。

ショートカットキーはCommand+G(Mac)/ Ctrl+G(Windows) が利用できます。

レイヤーパネルの右から3番目のアイコンをクリックすると、グループを作成することができます。既に作成したレイヤーをグループに入れ込む場合は、レイヤーを選択して、一番上にあるグループレイヤーに重ねあわせます。

レイヤーを結合する

作成したレイヤーを1つのレイヤーに結合することができます。一度結合してしまうと、それぞれのレイヤーに戻すことはできませんが、いっぺんに効果をつけたり、複製するのが楽になる他、ファイルサイズが軽くなります。

結合したいレイヤーを複数選択して、右クリックをしてください。サブメニューの下の方にある、レイヤーを結合を選択すると、複数のレイヤーが1つのレイヤーに結合されます。

表示レイヤーに結合を選択した場合は、レイヤーパネルでの表示だけが結合した状態になります。

ショートカットキーは、Command+E(Mac)/ Ctrl+E(Windows) です。

レイヤーのロックとは

レイヤーパネルの上部にあるのが、レイヤーのロック機能です。ロックは4種類あり、ロックを適用するとレイヤー内にあるオブジェクトの移動や、追加ができなくなります。複数のレイヤーを使用するときに、誤って別のレイヤーを編集してしまうミスを防止するのに便利です。

それぞれのロックアイコンについて紹介します。

…選択しているレイヤーの透明部分が保護されます。

…選択しているレイヤーにブラシなどで描画ができなくなります。移動ツールなどは利用できます。

…選択しているレイヤー上にある、オブジェクトの移動ができなくなります。

…移動や編集など、レイヤーに関する操作が一切不可能になります。

レイヤーの種類

レイヤーには、様々な描画モードがあります。描画モードの特徴について、紹介します。

通常

レイヤーを作成したときに設定されているデフォルトの描画モードです。基本はこの通常レイヤーで作図や写真加工を行っていきます。下記画像では、背景レイヤーの上にある円が描画されているレイヤーが優先して表示されています。

乗算・焼き込みカラー

下のレイヤーに対して、上のレイヤーの色が暗くなる効果がかかります。

スクリーン・覆い焼きカラー

下のレイヤーに対して、上のレイヤーの色が明るくなる効果がかかります。

オーバーレイ

色の鮮やかさが増したような効果がかかります。光など、発光しているものを表現するときなどによく使用されます。

レイヤーマスクとは

不要な部分を非表示にしたり、特定の範囲だけを編集するときに便利な機能が、レイヤーマスクです。詳しくは以下の記事を確認してください。

レイヤースタイルとは

レイヤーには、選択しているレイヤー全体に対してスタイル効果をかけることができる、レイヤースタイルという機能があります。オブジェクトや文字に、光沢感や立体感などの質感を簡単に与えることができます。詳しくは以下の記事を確認してみてください。

まとめ

レイヤー機能について紹介してきました。レイヤーを回転させたり、反転させる方法については以下の記事で紹介しています。


イベント