KeynoteのプレゼンテーションをPowerPointに変換する方法

Keynoteは、PowerPointのファイルを開いて編集することができます。また、Keynoteで作成したファイルをPowerPoint形式に書き出すことができます。逆にPowerPointは、Keynoteのファイルを編集できませんので、特にWindowsユーザーとのファイルのやり取りは、PowerPoint形式でやり取りすることになります。

今回はAppleのプレゼンツール「Keynote」で作成したファイルを、PowerPointに変換する方法を紹介します。

KeynoteをPowerPoint形式に書き出す

1. 変換するKeynoteファイルを開きます。

00_Keynote-Power

2. 「ファイル」メニューから「書き出す」を選んで、「PowerPoint…」をクリック

01_Keynote-Power

3. 「プレゼンテーションを書き出す」画面で、「次へ」ボタンをクリック

02_Keynote-Power

「詳細オプション」をクリックすると、PowerPointのデータ形式を選択できます。

04_Keynote-Power

4. ファイル名を入力して、「書き出す」ボタンをクリック

05_Keynote-Power

06_Keynote-Power

PowerPoint形式に書き出されます。そして、PowerPointでファイルを開くことができます。

07_Keynote-Power

注意点

KeynoteからPowerPointでは、互換性の面では完全ではありません。比較するとフォント関係の扱いから、改行位置などが変わり、文字ズレが発生するので、注意が必要です。

08_Keynote-Power

まとめ

Keynoteは、PowerPoint形式を読み込んで、編集することができ、更にPowerPoint形式に書き出せます。互換性面では、完璧とは言えませんが、その点を注意すれば、PowerPointのユーザーとファイルをやり取りできるので便利です。皆さんもぜひ試してみてください。


イベント