感情のためのデザインとは?いますぐできる5つのテクニック

Vibor Cipan

UXPassionのCEO。Microsoft Croatiaや、Microsoft Development Centreなどでマネージャーを務めたのちに、UXPassionを創業。

この記事はUX Passionからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

Designing for emotions – UX design principles (2015-07-14)
この記事は、2015年12月7日に掲載した「感情のためのデザイン - UXデザインの法則」を再編集したものです。

インターネットは、事実と現実に基づく合理的な空間ではありません。結局のところ、我々は感情で動いていることが多いのです。

では、感情のためのデザインとは何でしょうか? そして、それはどのようにデザインするのでしょうか?

現在も成長し続けているインターネットの世界において、感情のためのUXデザインを利用することで、企業は自分たちのWebサイトを次のレベルへと発展させることができます。

この記事では、皆さんが試せるアイデアと、その方法をリストアップしてみました。

なぜ感情のためのデザインが必要なのか? 

人間は感情的な生物です。ドキドキさせてくれて、涙を誘い、恐怖で拳を握りしめるようなものに心惹かれるのです。そして、見た目が格好良く、興味深く、美しい画像に惹きつけられます。

感情のためのUXデザインでは、これらの自然な人間の特徴をとらえ、Webサイトやアプリのデザインに応用します。

そして製品は、ユーザーを機械ではなく、むしろ自分たちと関係を構築したいと考えている1人の人間としてみなすようなウェブサイトになるのです。

ユーザーを機械ではなく1人の人間とみなすようなWebサイトにするべきです。

実践すべきテクニック

では、ユーザーと感情的な楽しいつながりを構築するために、何ができるでしょうか?

ユーザーを笑わせる

漫画のような文字と画像によるユーモアは、ユーザーと企業をつなげることが証明されています。テレビを見ているとき、真面目なものよりも笑えるコマーシャルの方を覚えていることが多いでしょう。

同じ法則がWebサイトにも適用されます。私たちのWebサイトの所々に、手書きのスケッチがあることに気がつきましたか?

認識できるものを提供する

私たちは、自分たちに関連のあるものに惹かれます。また、よく使われる見知ったものを美しいと感じます。

たとえば、多くのWebデベロッパーは、Webサイトのデザインにおける黄金比を利用した実験を行っています。フィボナッチ数列やオウムガイの黄金比を思い出してみましょう。

期待を提供する

私たちは、予測することが得意な生き物です。そして、自分が予測できるものを好みます。感情のためのUXデザインにおいては、ユーザーが予測できるパターンを提供することが非常に重要となります。

しかし、時に人間は自分たちの注意を惹くような、ちょっとしたサプライズを好むということを理解しておくことも同じように重要です。ユーザーを驚かさないという原則を適用することもできますが、サプライズ要素を少し追加することもまた可能です。

ユーザーを引き込む

視覚的な刺激 (動画やグラフィック)やインタラクティブなしかけなど何らかの方法でユーザーを引き込むことができれば、サイトの訪問者が再びサイトに戻ってくる確率が上がります。

ユーザーと話す

最後に、最近のソーシャルの世界では、以前よりもつながりが多くなっています。その結果、私たちは信頼のおけるコミュニケーションを高く評価するようになりました。

そのため、感情のためのUXデザインを活用し、ユーザーとコミュニケーションを取り、友人になりたいということを伝えましょう。または、ビジネスパートナーになりたいということを伝えるか、あるいは友人とビジネスパートナーの両方になりたい旨を伝えましょう。

どのような場合においても、感情に基づいた人間関係が重要です。声のトーンや言葉の選択が、この目的を達成する上で大いに役立ちます。

emotions_side


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square