Javaのcontinue文の使い方

Java には for 文や while 文などのループの途中で処理を中断して、次の処理へ移行するための制御構文 continue 文があります。ここでは、 continue 文の使い方について説明します。

continue 文の使い方

ループの処理を中断して、次のループへと移行させたいときに以下のように記述します。

continue;

continue 文はループ内でのみ有効であり、ループの外に記述するとエラーになります。

以下は for 文で continue 文を使用した例です。

for(int i = 0; i < 5; i++) {
  if (i == 3) {
    continue;
  }
  System.out.println(i);
}

実行結果

0
1
2
4

上のプログラムでは、 i == 3 のときに continue 文が実行されます。for 文の各ループで i の値を表示しているのですが、実行結果から確認できる通り i = 3 のときは、 i の値が表示されていません。これは、continue 文が実行された場合、以降にあるコードを実行しないためです。

多重ループで continue 文を使用する

多重ループで continue 文を使用した場合は、内側のループの処理を中断し次のループへ以降するだけで、外側のループには影響しません。

以下は2重ループで continue 文を使用した例です。

for (int i = 0; i < 5; i++) {
  System.out.print(i + ": ");
  for (int j = 0; j < 5; j++) {
    if (j == 3) {
      continue;
    }
    System.out.print(j);
  }
  System.out.println();
}

実行結果

0: 0124
1: 0124
2: 0124
3: 0124
4: 0124

上のプログラムでは j = 3 のときに、内側のループで continue 文を実行しています。このため、j = 3 のときの出力処理が実行されないので、0124 と表示され 3 のみ表示が行われません。


イベント