MySQLでユーザーを削除する「DROP USER」

MySQLでユーザーを削除したいときには「DROP USER」を使用します。

DROP USERの使い方

DROP USERの書式は以下の通りです。

DROP USER ユーザー名;

指定したユーザーが削除されます。ただし、DROP USERを使用するには、CREATE USER権限またはDELETE権限が必要になります。

また、存在しないアカウントを削除するとエラーが発生します。

ユーザーを削除する

以下はDROP USERを使用してユーザー「user@localhost」を削除する例です。

DROP USER 'user'@'localhost';

複数ユーザーを同時に削除する

複数のユーザーを削除したい場合には、「,」で複数のユーザーを指定します。

DROP user1, user2, user3;

セッション中のユーザーを削除した場合

「DROP USER」では、ユーザーを削除した時点でもし対象ユーザーが作業していた場合はそのセッションは中断されません。セッションが終了した後にユーザーが削除されます。

削除したユーザーの権限について

DROP USERを使用すると、ユーザーが削除されるとともに削除されるユーザーの権限行も自動的に削除されます。ただし、MySQL5.0.2未満ではDROP USERを使用する前に「REVOKE」でユーザー権限を削除する必要があります。

また、削除されたユーザーが以前に作成したデータベースやオブジェクトが自動的に削除されることはありません。


イベント