【rcp】Linuxでリモート・ローカル間でファイルを転送するコマンド

Linuxのrcpコマンドを使用することで、リモート・ローカル間でファイルのコピーを行うことができます。

rcpコマンドの通信は暗号化されないので、より安全にファイルを転送するには、暗号化して通信を行うscpコマンドの使用を推奨します。

rcpコマンドの書式

rcpコマンドの書式は以下の通りです。

$ rcp [オプション] コピー元のファイル名 コピー先のファイル名
$ rcp [オプション] コピー元のファイル名 ... コピー先のディレクトリ名

オプション

-p コピー元の更新日時、アクセス権の情報もコピーする
-r コピー元のディレクトリ内のファイルをすべてコピーする

ファイルの転送

リモートホストからローカルホストへコピー

リモートホストのファイルは以下のように指定します。

ユーザー名@ホスト名:ファイルパス

ローカルホストのファイルは通常通り指定できます。

以下の例ではリモートホストの「example.com」にユーザー名「user1」でログインし、「file1」というファイルをローカルホストへ「file2」という名前でコピーしています。

$ rcp user1@example.com:/home/user1/file1 file2

転送先にディレクトリを指定した場合は、コピー元のファイルは指定したディレクトリ内にコピーされます。

$ rcp user1@example.com:/home/user1/file1 dir1
$ ls dir1
file1

リモート間でファイルのコピー

コピー元、コピー先の両方ともリモートホストに指定することで、リモート間でファイルをコピーすることができます。

$ rcp user1@example.com:/home/user1/file1 user2@example2.com:/home/user2/file2

ディレクトリ内のファイルをすべてコピー

「-r」オプションを付けることで、ディレクトリ内のファイルをすべてコピーすることができます。この場合、コピー先もディレクトリを指定する必要があります。

$ rcp -r user1@example.com:dir1 dir2

イベント