【wc】Linuxでファイルの行数・単語数・バイト数を表示するコマンド

wcコマンドは、テキストファイルの行数、単語数、文字数などの情報を調べるためのコマンドです。

wcコマンドの使い方

wcコマンドの書式は以下の通りです。

wc [オプション] ファイル名

引数で指定したファイルの情報を表示します。もしファイルを複数指定した場合は、それぞれのファイルの情報と合計の情報が表示されます。

オプション

-c バイト数のみを表示する
-l 行数のみを表示する
-m 文字数のみを表示する
 -w 単語数のみを表示する

行数、単語数、文字数の情報を表示する

wcコマンドの引数に情報を表示したいファイル名を指定します。

$ wc /etc/tmp/file1
    50     60    997   /etc/tmp/file1

オプションを指定しない場合は、左から行数、単語数、バイト数を表します

行数のみを表示する

行数のみを表示する場合は、「-l」オプションの後にファイル名を指定します。

$ wc -l c/tmp/file1
    50  /etc/tmp/file1

単語数のみを表示する

行数を表示する場合は、「-w」オプションの後にファイル名を指定します。

$ wc -w c/tmp/file1
    60  /etc/tmp/file1

バイト数のみを表示する

バイト数のみを表示する場合は、「-c」オプションの後にファイル名を指定します。

$ wc -c c/tmp/file1
    997  /etc/tmp/file1