FFFTPではじめにしておきたい設定

FFFTPは、画像や動画などをホームページやブログで公開したいときに便利な、無料のファイル転送用ソフトです。今回は、FFFTPをダウンロードしてから、まずはじめにしておきたい設定を紹介します。契約中のホスト(サーバー)情報を手元に準備してください。


FFFTPの基礎知識

FFFTPは、FTP(File Transfer Protocol)ソフトの1つです。FTPソフトは、あなたのパソコンなどに保存してある画像や動画などのコンテンツを、契約しているサーバーに転送する目的で使います。

これからネットビジネスをしたいと思っている人に必要になってくるソフトです。FFFTPはフリーウェアなのでVectorなどから無料でダウンロード(クリックでダウンロードサイトへ移動します。)できます。こちらの記事を参考に、インストールまでを完了させてください。

FFFTPでファイルを転送するための設定

実は、FFFTPをダウンロードしてインストールしただけでは、ファイルを転送することができません。まずはじめに、ファイルを転送できるように設定していきましょう。まずFFFTPを起動してください。

1

ホスト一覧と表示されているウィンドウで、「新規ホスト」を選択してください。

2

ホストの設定情報の入力画面に移るので、「基本」タブで入力していきます。ホストの設定名はFFFTPソフト内での名前になるので、好きな名前を入力してください。ホスト名は契約しているホスト名またはIPアドレスを入力します。

ユーザー名とパスワードは、ホスト(サーバー)と契約されたときに設定情報として入手している情報を入力してください。ローカルの初期フォルダとホストの初期フォルダの項目は未記入でかまいません。

3

続いて「拡張」タブを開き、「PASVモードを使う」にチェックが入っていることを確認します。入力が完了したらOKを押してください。

4

FFFTPではじめにしておきたい設定は以上です。OKを押した後に、ホスト一覧にホストが表示されたら、表示されたホストを選んで接続を押してみましょう。

まとめ

FFFTPは初期状態では、ファイルを転送することができないため、ファイルを転送できるようにする設定は必須です。この記事を参考にして、設定してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square