ASPとは?ASPを使うアフィリエイトの仕組みと流れ

今回は、ASPを使ったアフィリエイトの仕組みと流れをご説明します。そもそもアフィリエイトって何?という方は、こちらの記事をご覧ください。

ASPとは?

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダー(Application Service Provider)の略称です。広告を掲載してもらいたい企業(ECサイト)、自分のサイトで広告を掲載したい人(アフィリエイター)を仲介する役割です。EC企業はASPにあらゆる商品リンクや広告を登録でき、アフィリエイターはその中から扱うものを選択します。

代表的ASP

※どれも無料だが会員サービスが必要

A8.net 

  • アフィリエイトサイト数 200万以上
  • 広告主数(累計)16000以上

http://www.a8.net/

バリューコマース

  • アフィリエイトサイト数100万以上
  • アフィリエイト広告の出稿実績6,000社以上

https://www.valuecommerce.ne.jp/

Amazonアソシエーション

  • 1億種以上の Amazon 商品から好きな商品が選べる
  • 売上金額の最大10%の紹介料が獲得できる
  • Amazon 商品だからこその高いコンバージョン

https://affiliate.amazon.co.jp/

ASPの仕組みと流れ

① 広告主の企業がASPに商品リンクや広告を卸す

② ASPに登録しているアフィリエイターが広告を選択する

一般的には、企業に提携申請をして承認された場合のみ広告を使える。このとき、アフィリエイターは自分専用のアフィリエイトリンク URL を取得する。(リンク先は商品の販売サイト)

③ アフィリエイターが自分のサイトに掲載する

④ 顧客が広告をクリックする

リンク先のサイトへ誘導。クリック保証型広告の場合はクリック時に報酬が発生する

⑤ 顧客がリンク先で商品を購入する

ASPはクッキーというシステムを使い、顧客がどの(誰の)アフィリエイトリンクURLを使って商品を購入したかを調べる

⑥ 広告料金が支払われる

ECサイトがASPに広告料金を支払う

⑦ 成果報酬が支払われる

ASPからアフィリエイターへ成果報酬を支払う


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square