InDesignで文字を入力する方法

本のデザインをするとき、タイトルや見出し、本文、注意書き、奥付けなど何かと必要になる文字情報。その時に使えるのが文字ツールというものです。InDesignの文字ツールは4種類あり、文字情報を入れたい場所によって好きなように配置することができます。

そこで今回は、InDesignで文字ツールを使った入力方法をご紹介します。

InDesignで文字を入力する方法

文字ツールをクリックする

まず、文字を入力するためには「文字ツール」を選択します。「T」の文字が書いてあるのが目印です。左クリックを長押しすると、4つの文字ツールが表示されます。

・横組み文字ツール

・縦組み文字ツール

・横組みパスツール

・縦組みパスツール

この4つのツールの違いは、以下の項目からご紹介します。

1つ目:横組み文字ツール

文字を横組みで入力したいときに使うツールです。主に欧文や数字を入力するときに使いますが、和文でも使うことができます。

横組み文字ツールを選択したら、左クリックで長押ししながら右下に向かって四角を作るようにドラッグします。これでテキストボックスを作成できます。テキストボックスの大きさは後で調整することが可能です。

その後、文字入力をすると横組みで表示されます。

2つ目:縦組み文字ツール

文字を縦組みに入力したいときに使うツールです。主に和文の文章を入力するときに使いますが、欧文や数字は基本的に文字が回転した状態で入力されます。

縦組みに関する詳しいやり方は以下の記事を参考にしてください。

3つ目:横組みパスツール

横組みパスツールは、あらかじめ引いたパス上に横組みで文字を入力することができる機能です。例えば、曲線上に文字を入力したいとき。まずは、ペンツールを使って曲線を書きます。

曲線を書いた後、横組みパスツールを選択し、パス上にカーソルを合わせクリックします。

そして、文字を入力すると曲線に沿って横書きの文字が表示されます。

4つ目:縦組みパスツール

縦組みパスツールも同様に、あらかじめ引いたパス上に縦組みで文字を入力することができる機能です。こちらもペンツールを使って曲線を書き、文字を入力してみます。

すると、このように縦に書かれた曲線に沿って、文字が縦組みされています。

まとめ

文字を入力する時に必要な文字ツール。用途に合わせて、横組みや縦組み、さらには曲線など自由な形の上に文字を入力することも可能です。きっちりと揃えて文字を入力したいときは「横組み文字ツール」や「縦組み文字ツール」、タイトルなど文字を目立たせたいときは「横組みパスツール」や「縦組みパスツール」を使うなど、使用目的に合わせて文字ツールを使いこなしてみましょう。