モバイルSEOとは?メリットと3つの注意点

最近、SEO対策においてモバイルSEOという言葉が注目されています。

では、モバイルSEOとは具体的にどのようなことを意味しているのでしょうか。

この記事では、モバイルSEOとは何か、またモバイルSEOを行う上で注意すべき3つのポイントを紹介していきます。

モバイルSEOとは

モバイルSEOとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末での検索を中心に行うSEO対策のことです。

モバイルSEOが注目されるようになった背景として、2015年にGoogleが検索アルゴリズムをアップデートし、ランキング要素として「モバイルフレンドリーかどうか」を使用するようになったということがあります。

モバイルフレンドリーとは

ランキング要素に加えられたモバイルフレンドリーとは、スマートフォンをはじめとするモバイル端末でも、Webコンテンツを快適に閲覧・操作することができる状態であることを意味しています。

モバイルフレンドリーであるサイトには、モバイル端末でGoogle検索を行ったとき、検索結果に「スマホ対応」という表示があります。

モバイルSEOの注意点

1.モバイル用ページの設定をGoogleに知らせる

自サイトにモバイル用のページがあること、またはモバイル用にページを設定したことをGoogleに知らせる必要があります。

これにより、モバイル端末から検索を行ったユーザーに対して適切な検索結果を表示することができます。

2.モバイルフレンドリーなページにする

ただモバイル用のページを作るだけではなく、そのページが持っばいるフレンドリーである必要があります。

また、モバイルフレンドリーなサイトは、モバイル端末での検索結果で優遇されやすい傾向にあります。

サイトがモバイルフリーであるがどうかを調べるためには、モバイルフレンドリーテストの実施がGoogleから推奨されています。

3.モバイルユーザーにとって不便なミスを避ける

モバイル端末において再生することのできない動画や画像などを、ページの重要なコンテンツとして掲載してしまうことは、モバイルユーザーにとって非常に不便です。

ユーザーが快適に利用できないと判断されたモバイルページは、モバイル検索結果のランキングが下がってしまうため、十分な注意が必要です。

モバイルユーザーが快適に利用できないミスとして、以下のような例があります。

・JavaScript、CSS、画像のファイルブロック

・再生できないコンテンツ

・リダイレクトの誤り

・モバイルのみの404エラー

・インタースティシャルを回避する

・不適切な相互リンンク

・表示速度の遅いモバイルページ

・ビューポートを正しく設定する

・小さなフォントサイズ

・近すぎるタップ要素

ユーザーが不便であると感じてしまうミスへの詳しい対処法は、こちらのガイドラインを参考にしてみてください。

まとめ

近年、モバイル端末のユーザーが増えているため、サイトをモバイルフレンドリーにすることはSEO対策において重要になってくると考えられます。

どのようなデバイスでも、ユーザーが快適に利用できるサイト作成を行いましょう。