Google Analytics リアルタイム機能の活用方法

今この瞬間に、自分のサイトを見ているのユーザーの人数やPV数は、Google Analyticsを使えば簡単に調べることができます。

今回は、Google Analyticsを使ったリアルタイムでのサイト分析の方法や、リアルタイムのデータを知るためのメリットを紹介していきます。

Google Analytics リアルタイム機能とは

Google Analyticsを開き、左のメニューからリアルタイム>サマリーの順にクリックしていくと、上図のようなサマリーページが表示されます。

このサマリーでは、リアルタイムでのサイト分析結果を表示しており、一番最初に表示されるサマリーでは訪問ユーザー数、ユーザーの使用しているデバイス、PV数などのリアルタイムデータが一目でわかります。

リアルタイムで一番見られているページ、つまりPV数が多いページを確認するには「上位のアクティブページ」をクリックします。ページを確認したら、自分のサイトの中で一番読んでもらいたいページとの導線が存在しているかを確認することが重要です。

また、リアルタイム>地域の順にクリックすると、どのような地域からサイトへのアクセスがあるのかを簡単に調べることができる機能もついています。

リアルタイム機能の活用方法

1.リアルタイムでの流入元を知る

リルタイムでの流入元を調べるには、デバイスの下にある「上位の参照元」をクリックします。すると、流入元となったURLが表示されるため、どのようなURLからの集客があるのかを確認してみてください。

流入元となったURLを知ることで、キーワードの話題性やページが他サイトで紹介された、などの流入原因を探ることができます。

2.ユーザーの反応を知る

サイトに新しいコンテンツを追加したときや広告を掲載したとき、リアルタイム機能を使えば直後のユーザーリアクションを確認することができます。

ユーザーの反応を確認することで、公開したタイミングの良し悪しがわかりますし、今後コンテンツを追加するときの参考にもなるので、是非確認してみてください。

まとめ

Google Analyticsのリアルタイム機能の見方と活用方法を紹介しました。

特にサイトを更新した直後のユーザーリアクションを確認することは重要なので、更新を行った際はGoogle Analyticsを使って確認してみてください。