【yum remove】yumで安全にアンインストールする方法

Linuxでパッケージ管理システム「yum」でインストールしたパッケージを削除する方法を説明します。

【yum remove】インストール済パッケージを削除する

「yum」でインストールしたパッケージを削除することができます。「yum erase」でも同様の結果となります。

$ yum remove パッケージ1 パッケージ2

依存性関連のあるパッケージも同時に削除

「yum remove」ではアンインストールするパッケージに依存しているパッケージがある場合、そのパッケージもアンイストールされます。

そのため、アンインストール対象のパッケージを確認してから「y」としたほうが良いです。

例えば、下記のようにApacheを削除する場合、依存性関連でPHPも削除されます。

$ yum remove httpd
読み込んだプラグイン:fastestmirror, security

(中略)

依存性を解決しました
========================================================
パッケージ  アーキテクチャ  バージョン  リポジトリー  容量
========================================================
削除:
  httpd  x86_64  2.2.15-47.el6.centos  @updates  2.9 M
依存性関連での削除をします。:
  php  x86_64  5.4.44-1.el6.remi  @remi  9.4 M

トランザクションの要約
========================================================
削除  2 パッケージ

インストール済み容量: 12 M
これでいいですか? [y/N]

依存性を気にせず確認なしで削除したい場合は、「-y」オプションをつけることで削除できます。

$ yum -y remove httpd

パッケージグループを削除

「yum」では関連するパッケージをまとめてインストールするパッケージグループという機能があります。このパッケージグループを削除する場合は、「groupremove」で削除します。

$ yum groupremove パッケージグループ名

パッケージグループ名は、以下のように確認できます。

(例)電子メールサーバーを削除する場合

$ yum -v grouplist
 (中略)
  インストール済みグループ:
    電子メールサーバー (mail-server)
$ yum groupremove mail-server