JavaScriptの連想配列に要素を追加・削除する方法

配列はプログラミングを行う上ではずすことができないものです。

使い方はプログラミング言語により多少の特色はありますが、大差はありません。

JavaScriptの配列は、いわゆる普通の配列と連想配列(ハッシュ配列)の二つがあります。

普通の配列は下の例の通り、要素の指定や追加・削除に0から始まる数字(インデックス)を指定して行います。

実行結果

上記に対し、要素の指定を数字(インデックス)ではなく、文字列で行うことができるのが連想配列です。

これにより、人が直感的に識別しやすい文字列を配列のキーにすることができます。

それでは、連想配列の初期化、要素の追加、削除について詳しく見ていきましょう。

連想配列の初期化と要素の追加

① 連想配列の静的初期化

静的初期化では、初期化と同時に要素も設定されています。

インデックスのかわりに、文字列(red, green, blue)が要素を特定するためのキーとなり、それに対応する値として赤, 緑, 青という値が設定されました。

② 連想配列の動的な初期化と要素の追加

上記の方法の他に以下の方法もあります。

配列のkeyに対する値の設定方法は異なりますが、上記二つのプログラムを実行すると、どちらも以下のような表示になります。

連想配列の要素の削除

最後に連想配列の要素を削除する方法を見ていきましょう。

要素を削除するときはdelete演算子を使用します。

上記の方法の他に以下の方法もあります。

配列の要素の削除方法は異なりますが、上記二つのプログラムの実行結果は以下のような表示になります。

keyがgreenの要素が削除されていることが確認できました。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

イベント