Pythonで設定ファイルを扱う方法:ConfigParser

Pythonで設定ファイルを扱う場合はConfigParserモジュールを使うと便利です。今回はConfigParserの使い方について紹介します。

設定ファイルの構成

ConfigParserで読み込み可能な設定ファイルのフォーマットは以下のような形になります。

設定ファイルは直接ファイルに記述することもできますが、ConfigParserモジュールを使うことで簡単にフォーマットした設定ファイルを作成することができます。

設定ファイルを作成する

セクションを追加するときはadd_section()メソッドを使います。引数はセクション名を表す文字列です。次にセクションの中へ、オプションと値の組を追加していきます。set() メソッドを使って、セクション名、オプション名、値をそれぞれ渡します。

設定ファイルへ書き込むときはwrite()メソッドにファイルオブジェクトを渡します。

上のプログラムを実行すると、以下のような設定ファイル(setting.ini)が作成されます。

設定ファイルを読み込む

read()メソッドの引数にファイル名を渡すことで、設定ファイルを読み込むことができます。オプションの値は get()で取得することができます。以下は、先ほど作成した「setting.ini」ファイルを読み込む例です。

また、セクションが定義されているかどうか確認するためにはhas_section()メソッドを使います。

セクション内にオプションが定義されているかどうか確認するためにはhas_option()メソッドを使います。

options() メソッド を使うと、セクション内のオプション一覧をリストとして取得できます。また、items() はオプションと値のペアをリストで返します。