PythonでElementTreeを使ってXMLファイルを読み込む方法

XMLを扱うにはいくつかのライブラリが用意されていますが、今回はPythonの標準ライブラリにあるElementTreeを使ってXMLファイルを読み込む方法について説明します。

XMLファイルを読み込む

今回は以下のようなsample.xmlを読み込んでみます。

ElementTreeはXMLを操作するためのライブラリで、import文で読み込むことによって利用することができます。

ファイルの読み込みには、ElementTree.parse()を使います。引数には読み込むXMLファイルのパスを指定します。

getroot()を使ってルート要素を取得できます。ルートから辿って、子要素にアクセスすることができます。上のプログラムでは、root.tag()で読み込んだXMLのルートノードのタグ名を表示し、root.findtext()で指定したタグのテキスト内容を表示しています。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集

イベント

購読

平日・毎朝更新中