PythonでSQLiteを操作する方法:sqlite3

Webアプリを開発する際に利用するデータベースとして、軽量データベースであるSQLiteをPythonから利用する方法について説明します。SQLiteはSQL文を使って手軽にデータベースを操作することができます。ここでは、テーブルの作成・削除、レコードの挿入、レコードの参照の各方法について説明します。

テーブルを作成・削除する

PythonからSQLiteを使うためには、sqlite3モジュールを利用します。

次のサンプルプログラムは、fruitsというテーブルを作成するプログラムです。

テーブルを作成するには、execute()メソッドの引数にSQLのcreate文を渡します。ここでは、name、priceという2つのカラムを持つfruitsというテーブルを作成しています。

テーブルを削除する際は、execute()にdrop文を渡します。

レコードを挿入する

テーブルにレコードを挿入するには、execute()メソッドの引数にSQLのinsert文を渡します。

上で作成したテーブルのname, priceの各カラムに、apple, 100yenを挿入しています。

複数のレコードを一括して挿入するには、executemany()メソッドにinsert文を渡します。

「?」には第2引数のタプルの要素がそれぞれ置き換えられます。

レコードを参照する

レコードを参照するには、execute()メソッドの引数にSQLのselect文を渡します。次のサンプルは、上記で作成したテーブルのレコードを参照するプログラムです。

はじめに、データを操作するためのカーソルオブジェクトを生成し、select文を実行しています。ここでは、for文を使ってレコードを出力しています。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集