JavaScriptで右クリックを禁止する方法

右クリックを禁止にすると、画像の盗用や、ソースコードを隠すことができます。

JavaScriptで右クリックを禁止する方法

訪問者のJavaScriptが有効であれば、HTMLの<body>部分を以下のように書き換えれば画像の盗用や、ソースコードを隠すことができます。

右クリックされた場合に「右クリック禁止です。」というアラートを表示させる場合は以下のように書き換えます。

JavaScriptでコピーを禁止する方法

先ほどの右クリックを禁止する方法を使って、コピーを禁止することもできます。

この2つの方法はJavaScriptが有効になっている場合のみ防ぐことができますが、訪問者のJavaScriptが無効になっている場合には通用しないので、注意してください。

また、右クリック禁止は<body>の部分にしか適応させていないのである部分では右クリックが有効になってしまっている場合もあります。その際には、画面全体にJavaScriptを適応させる必要があります。その際には、<body>のmarginを0pxにすればできます。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集