HTML5における<body>タグの使い方

HTML文書は、<html><head><body>の3種類のタグを使って構築します。今回は、HTML5における<body>タグの使い方をご紹介します。

HTML5における<body>タグの使い方

<html>タグは文書がHTMLということを表し、HTML文書の一番最初と一番最後に記述します。<head>タグは文書のタイトル等のヘッダ情報を記述します。そして、<body>タグは実際にブラウザに表示される、閲覧するユーザーに向けた文書自体を記述します。これら3つは1つでは成り立たないものなので、合わせて覚えておくと便利です。

<body>要素は、html要素内で1つしか使用することはできません。以下は、一般的なHTML文書の構造のサンプルコードです。<body>要素は、<html>要素内の、<head>要素より下に記述します。

また、<body>タグでは、色に関する5つの属性を指定できますが、この方法は推奨されておらず、色の指定にはスタイルシートの利用が推奨されています。

どうしても使用する場合は、5つすべての色を指定します。1つだけの指定だと、ページを閲覧しているユーザーの設定がわからないため、見えづらい色で閲覧してしまうユーザーが出てきてしまうためです。

その場合は、このように指定しましょう。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

購読

平日・毎朝更新中