Pythonの演算子の使い方まとめ

Python では様々な演算子を使用することができます。今回は、サンプルとともに演算子の使い方を説明します。

算術演算子

四則演算などの数値計算で使う演算子です。

演算子 意味 計算例 結果
+ 足し算 2 + 3 5
- 引き算 10 - 3 7
* 掛け算 3 * 4 12
/ 割り算 15 / 3 5
% 割り算の余り 13 % 5 3
** べき乗 2 ** 3 8

「%(割り算の余り)」はモジュロ演算と呼ばれ、整数の割り算を行った際、余りの部分を出力する操作です。例えば「13 % 5」を計算すると答えは「2あまり3」なので、余り部分の3を出力します。

べき乗は、数学的な書き方ではべき指数を右上に記述しますが、Python では掛け算記号の「*」を二つ重ねて表現します。

比較演算子

左右の数値が等しいか、どちらかが大きいかを判断します。

比較演算子 使用例 意味
== a == b a と bは等しい
!= a != b a と b は等しくない
< a < b a は b より小さい
<= a <= b a は b 以下
> a > b a は b より大きい
>= a >= b a は b 以上

比較演算子は、式が成り立つ場合は True を、成り立たない場合は False を返します。

!= は左右の数値が違う場合に True を、等しい場合に False を返します。

また、「a <= b」は「a は b 以下」なので「a と b が等しい、または  a が  b より小さい場合」を示しますが、「a < b」は「a は b より小さい」なので、等しい場合を含みません。必要に応じて使い分ける必要があります。

また比較対象の変数の値は、数値と文字列を区別します。

このように型が異なるものを比較している比較する場合は、どのような結果になるかきちんと理解しておく必要が有ります。特に、上記の例の様にプログラム自体が正常に動作する場合は「True」「False」を返すだけで、エラーとはならないので注意が必要です。

文字列に対する比較演算子

数値と同様、文字列に対しても比較演算子を用いることができます。

比較演算子 使い方 意味
== a == b 文字列 a と文字列 b は等しい
!= a != b 文字列 a と文字列 b は異なる
< a < b 文字列 a が文字列 b に含まれる
<= a <= b 文字列 a が文字列 b に含まれるか、等しい
> a > b 文字列 b が文字列 a に含まれる
>= a >= b 文字列 b が文字列 b に含まれるか、等しい

文字列同士の比較の場合、左右の文字列が等しいか、または包含関係を判定します。例では a と b の文字列は等しくはありませんが、a が b に含まれているため、以下の結果となります。

まとめ

今回は、Python の演算子の使い方をまとめました。演算子はプログラム中に頻繁に使用するものなので、ぜひ覚えておきましょう。


イベント