Excel VBAで行や列の表示・非表示を切り替える:Hidden

VBA で行や列の表示/非表示を切り替える場合は、Hidden プロパティを使用します。ここでは、Hidden プロパティの使い方について説明します。

Hidden プロパティの使い方

Hidden プロパティの構文は以下の通りです。

行の場合は Rows、列の場合は Columns で取得したオブジェクトに対して、Hidden プロパティに論理値を指定して表示/非表示を切り替えます。 Hidden プロパティは True で非表示、Falseで表示となります。

以下は、3行目とB列を非表示にする例です。

上のプログラムを実行すると以下のような結果になります。

vba_hidden1

以下のように記述した場合も同様の結果になります。

再表示するためには、以下のように False を設定します。

複数行や複数列の表示・非表示を切り替える

以下のように行や列をコロンで指定することによって複数行、複数列を一括で表示/非表示を切り替えるとができます。

上のプログラムを実行すると3, 4, 5行目、C, D, E列が非表示になります。

vba_hidden2

指定したセルの行や列の表示・非表示を切り替える

EntireRow, EntireColumn プロパティを使うと、単一セルから行や列の表示/非表示が切り替えられて便利です。

上のプログラムを実行すると、Cells(3, 3) と Cells(4, 4) を含む3行目とD列が非表示になります。

vba_hidden3


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

イベント