【echo】Linuxで引数に指定した文字を出力するコマンド

Linuxのechoコマンドは引数に指定した文字列や数値、変数を画面に出力します。ここでは、Linuxのechoコマンドについて説明します。

echoコマンドの使い方

echoコマンドは出力する文字列を引数に指定します。

主なオプション

-n 末尾に改行を挿入しない
-e エスケープ文字を有効にする

環境変数の値を参照するには先頭に「$」を付けて「$変数名」の形式で指定します。環境変数LANGの値を表示します。

末尾に改行を挿入しない

文字列の最後に改行を出力させたくないときはオプション「-n」を指定します。

まず、echoコマンドに「-n」を指定しない場合の例を示します。

「abc」と「def」の間に改行が挿入されているので、異なる行になっていることが確認できます。

次にechoコマンドに-nを指定した場合の例を示します。

「abc」と「def」は改行されずに同じ行になっていることが確認できます。

エスケープ文字を有効にする

エスケープ文字とは、バックスラッシュ(\)から始まる特殊な意味をもつ文字です。エスケープ文字を有効にするには、オプション「-e」を指定します。

エスケープ文字には主に以下のような種類があります。

\a アラート文字
\b バックスペース
\c 末尾に改行を挿入しない
\f フォームフィード文字
\n 改行文字
\r 復帰文字
\t 水平タブ文字
\v 垂直タブ文字
\\ バックスラッシュ

以下の例では、オプション「-e」を指定していないため「\t」はそのまま文字列として出力されます。

オプション「-e」と文字列をダブルクォーテーションで囲んで指定することで「\t」は水平タブが出力されます。

「abc」と「def」の間に改行を入れたいときは、「\n」を挿入します。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集