【telnet】Linuxでリモートマシンに接続するコマンド

Linuxのtelnetコマンドを使うことで、ネットワーク経由で、他のリモートマシンにログインできます。

telnetコマンドでのネットワーク上の通信内容は、暗号化されません。そのため、より安全に通信を行うsshコマンドの使用を推奨します。

telnetコマンドの使い方

telnetコマンドの書式は以下の通りです。

telnetコマンドの引数に接続先のホスト名またはIPアドレスを指定することで、そのホストに接続できます。また、ポート番号を省略した場合は、23番ポートで接続します。

オプション

-a 自動でログインを行う
-E エスケープ文字を無効にする
-l ユーザー名 指定されたユーザー名でのログインする

リモートマシンに接続する

接続したいリモートマシンのホスト名またはIPアドレスを指定します。

リモートマシンへの接続が可能な場合は、ログインIDとパスワードの入力が求められます。また、途中で接続をキャンセルする場合は、「Ctrl + C」を入力します。

もしリモートマシンへの接続が不可能な場合は、以下のような結果になります。

ポート番号を指定して接続する

ポート番号を指定する場合は、ホスト名の後にポート番号またはサービス名を指定します。

この例ではポート番号を587に指定して接続を行っています。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集