音声技術の発達により劇的に変化するであろう5つの産業

Georgina Titheridge

Georginaはライター兼受賞歴のある脚本家で、ミレニアル世代やその他のサブカルチャーに関心があります。ベルリンの専門学校CareerFoundryで編集者をしており、ユーザー体験やテクノロジーについて執筆しています。

この記事はSpeckyboy Design Magazineからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

The Future of Voice: The Industries That Are About to Change Forever (2017-09-19)

音声UIの技術はより賢く、素早く、そして信頼性の高いものになってきています。この技術の進化は、今そして未来の主要産業にたいしてどのような意味を持つのでしょうか?

音声UIは、数十年前から注目されてきました。しかし、技術的な限界とデータ量の不足のため、コンピューターと話すことができるという我々の夢を実現するのは非常に困難でした。

それが、完全に変わろうとしているのです。

AIやクラウドの進化により、ユーザーからより詳細なデータをマシンに蓄積できるようになりました。そして以前よりもずっと、私たちの発言を理解することができるようになりました。

声はビジネスのビッグチャンスです。また、IT分野の大企業にとって、音声技術の競争におけるリーダーとなることは優先すべきもっとも重要なことです。音声サービスにはAmazon AlexaやGoogle Assistant、Microsoft Cortanaなどがありますが、これらは進歩しているだけでなく、今では主流になりつつあります。

では音声技術は、どのように私たちの生活を変えるのでしょうか? さらに具体的には、根本的に変化する可能性のあるのはどのような産業なのでしょうか?

この記事では、この新しい技術の発展により劇的に変化すると予想している5つの産業について取り上げていきます。

カスタマーサービス

たとえばAlexaやSiriのような、音声認識のバーチャルアシスタントが人間に取って代わる世界があるとします。このような世界を想像できますか? もしもバーチャルアシスタントの能力が予想をはるかに上回り、その結果今まで人間がしてきたよりもさらに効率的に顧客の役に立ったらどうなるでしょうか?

今はただのSFに聞こえるかもしれません。しかし音声技術には、社会の機能を根本的に変化させ、カスタマーサービスの未来に問題をもたらす可能性があるのです。

消費者に選ばれるであろうこの新しい技術にとって、効率的かつ正確に応答することだけが重要なのではありません。それと同時に、顧客が好きだと感じるものでなくてはいけません。音声アシスタントによるサービスを、人間よりも正確性や親しみが欠けるものだとユーザーが感じてしまえば、サービスを売り込むことは難しいでしょう。

次の数十年間のうちに、UXデザイナーは音声サービスのデザインを始動させていくでしょう。それは楽しくインタラクションできて、ユーザーをイライラさせないようなものです。

自動車産業

音声技術とAIの進化は、自動車に革新と安全な運転をもたらすでしょう。まもなくハンズフリーの音声インターフェイスが、道路から目を離すことなくハンズフリーで操作できる安全な手段を提供するでしょう。テクノロジー企業とスタートアップ企業が完全自動運転車の開発に向けて競い合っているため、この技術はさらに進化する可能性があります。

ほかにも音声は、人間と自動車との関係性を変える可能性を秘めています。渋滞の際、音声アシスタントにほかのルートを聞くことができるようになると、運転中に苛立ちがちな課題を解消することができるかもしれません。その一方で、音声アシスタントが毎日の通勤中の話し相手にもなることも考えられます。

自宅

IoT(モノのインターネット)もはや誰もが聞いたことがあるはずです。さまざまな通信機器がネットにつながることによって形成される暮らしのことです。

このコネクティビティは、スマートホームの開発にとって非常に重要です。スマートホームとは、家にあるすべての機器がつながっていて、ユーザーの声で操作することができるような家のことです。Future Hausでは、この新しいタイプのインタラクティブな家のプロトタイピングが行われました。この家では、センサーやコントロール機能は、主に音声コマンドによって操作されます。

この技術は、私たちの暮らしをシンプルにすることが目的です。スマートカーと同様に、消費者にこの技術を使ってもらうためには、簡単で使いやすいデザインであることが大事です。スマートホームは直感的かつ魅力的でなければなりません。ここで重要なのは、暮らしを複雑化させるのでなく、シンプルなものにするということです。

デジタルマーケティング

検索エンジンでの検索時に音声を使用する人が増加するにしたがって、音声検索の最適化がデジタルマーケティングの未来とSEOの成功にとって重要なものとなっています。

デザインにおいて、文字検索と音声検索では検索の傾向が大きく違うということを考慮しなければなりません。たとえば文字の検索では「近くのコーヒーショップ」と入力しますが、音声検索では「一番近いコーヒーショップはどこですか?」といったように、より口語的で具体的に検索することになります。

企業がすべきことは、ユーザーがやりがちな、より長くて会話的な検索クエリに対応することです。人々がどのようなフレーズを声に出して検索したがるかをキーワード調査で解き明かすことが求められます。特定のキーワードをターゲットとするのは、もはや重要なことではなくなるのです。デザイナーには、具体的で単語数の多いクエリに答えられるような、より知的なデバイスの開発に焦点を置くことが求められます。

翻訳

今は、翻訳技術にとって重要な時代です。過去5年間で、Google翻訳は単純なテキストの翻訳アプリからリスニング機能をもつ、より高度な翻訳機へと進化しました。そしてほかの企業もそれに追随しています。

この技術が改善されれば、ドキュメント翻訳の時間が短縮されるでしょう。翻訳に関連する企業の生産性には多大な影響を与えることが予想されます。カスタマーサービスと同様に、音声は翻訳家の役割を脅かすかもしれません。しかし、多くの人が翻訳を見直して間違いを修正するためにはつねに人の目が必要であると主張しています。

企業は言語処理に対して、今まで以上により多くの力を注いでいます。そのため、音声処理技術の発達が企業に利益をもたらすことは間違いありません。シンプルなウェアラブルデバイスを見えないように耳に装着すれば、地球上のすべての言語を理解することができるようになるかもしれません。こんなことが現在想像できるでしょうか? 

そのような想像は、私たちを以下のものへと導きます。

ハイテクのウェアラブルデバイス

音声によって、スクリーンのないウェアラブルデバイスは継続的な成功を得るでしょう。これまでFitbitのようなデバイスは、情報にアクセスするためにオペレーティングシステムやスマートフォンを頼りにしてきました。今後は音声により、これらのウェアラブルデバイスは、オペレーティングシステムから独立して機能することが可能になるでしょう。

将来、完全に音声でインタラクションを行うウェアラブルデバイスが出現し、媒介するデバイスは無くなるでしょう。また、大きさはさらに小さくなり、より幅広い機能を搭載するかもしれません。この産業が拡大し続けることは間違いありません。

まとめ

音声UIの急速な発達がどのような影響をもたらすかが、多くの企業にとって関心となっています。また、企業に対してどのようなインパクトがあり、それにより企業はどのようにビシネスを行うのでしょうか? 現実的に、音声はあらゆる産業、企業、製品に対して、今後数十年間のうちに大きな影響を与えるでしょう。そしてそれだけではなく、私たちの暮らしすべての根本的な部分を変えてしまう可能性もあります。

そのため、人間とコンピューター間のインタラクションの変化をうまく導くことができる専門的な才能が、今大々的に必要とされています。もし音声UIの頼れるスペシャリストになりたい方は、私たちのブランドの新しいオンラインコースVoice User Interface Designをチェックしてください。Amazon Alexaとの協力により設計されているコースです。


Banner jobs

イベント