HTML・CSS・PHPなどのコードへのコメントタグの書き方まとめ

HTML・CSS・PHPなどの各プログラミングコードへのコメントタグの書き方をまとめました。

ここで書いたコメントは実際にサイトで表示されるのではなく、プログラミング内だけに表示されるもので、主に自らが書いたコードが何を意味するかなどを分かりやすくしておくために用いられます。

HTMLの場合

HTMLの場合、コメントアウトは「<!--」と「-->」の間に入れます。
また、コメントが正しくない一例を以下に示します。

このように「--」が繋がってしまうとコメントの開始と終わりがわからなくなってしまいます。なので、HTMLの場合コメントアウトには「--」を用いらないようにしましょう。

CSSの場合

CSSの場合、コメントアウトは「/*」と「*/」の間に入れます。

PHPの場合

PHPの場合、単一行と複数行の場合では表記の仕方が異なります。単一行の場合、コメントアウトは「#」、「//」の後に閉じタグ無しで書き入れるのに対し、複数行の場合「/*」と「*/」の間に入れる必要があります。

R言語の場合

R言語では「#」の後に単一行コメントのみ書き入れることが可能です。

JavaScriptの場合

JavaScriptの場合、単一行と複数行の場合では表記の仕方が異なります。単一行の場合、コメントアウトは「//」の後に閉じタグ無しで書き入れるのに対し、複数行の場合「/*」と「*/」の間に入れる必要があります。