プッシュ通知でよくある5つの間違いと7つの対処法

Myron Monets

Myronは、Mobilunityのマーケティングアシスタントです。マネジメントにも興味があり、よくプログラマーにインタビューをして、彼らの仕事をより深く理解しようとしています。

この記事はUsabilityGeekからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

Push Notifications: Top 5 Mistakes To Avoid Making (2018/9/18)

Webサイトやモバイルアプリのプッシュ通知は、コンバージョン率を改善し、リアルタイムにユーザーを惹きつけて成果を得るために、もっとも効率的で便利なツールの1つです。

さらに、パーソナライズされたプッシュ通知であれば、どんなに頑固な見込み客にも訴求出来るでしょう。プッシュ通知を用いて洗練されたマーケティング戦略を生み出し、もっとも成果を上げているコンテンツに顧客の関心を集めることで、再訪率を上げることができます。プッシュ通知の効果について調査した記事についてはこちらをご覧ください。

プッシュ通知とは何か、どのように使うべきか、優れたプロモーションやコンバージョンを達成するには何に注意すべきかを知ることはきわめて重要です。Webにおいて効果的なマーケティングツールであるプッシュ通知について詳しく見ていきましょう。

プッシュ通知とは

プッシュ通知とは、ブラウザを開かなくても、売り出し品やバーゲン品、セール、プロモーションなどの情報がデスクトップやモバイル、タブレットの画面に表示されるものです。モバイルアプリにおいてもWebアプリにおいても、プッシュ通知は、顧客の注意を引いて、商品やサービスに興味を持ってもらうために機能します。

かつて、プッシュ通知はスパムメールのように見なされていました。しかし現在では、短い文章でパーソナライズされた情報や価値を伝えられる、インタラクティブな通知として発達しています。プッシュ通知は、ユーザーの要求や行動をきっかけに送信されます。ユーザーが前に探していた製品と似たものを紹介したり、リマインダーなどのもっとも重要な情報を送信したりできます。このようにプッシュ通知は、さまざまな目的のために働き、さまざまなユーザーの行動を喚起します。

通知を受け取ったユーザーは、詳しい情報を求めてクリックするかもしれませんし、無視するかもしれませんし、通知を切るかもしれません。しかし、少なくとも数秒間は確実に注意を向けるでしょう。ユーザーはこの数秒間でクリックするかしないかを決めるので、プッシュ通知にとってこの時間は大きな意味を持ちます。したがって、アプリ開発を進めるだけではなく、プッシュ通知のデザインとコンテンツにも注意を払うことが大切です。

プッシュ通知はしっかり考慮しなければ、機能しません。そこでこの記事では陥りやすい問題と、デザインする際にそれらを回避する方法について考えていきます。

プッシュ通知でよくある5つの間違い

このセクションでは、プッシュ通知を制作し管理する際に、もっとも起こりやすい間違いを紹介します。またこの記事では、プッシュ通知の設定で生じやすい問題についての例外的な知識や、プッシュ通知がなぜ目標を達成できないのかについても書いていきます。

プッシュ通知の質を高いレベルに保ち、問題のある事例と役立つヒントについての知識を得るには、最新の記事などから情報を仕入れることが重要です。これから紹介する5つの間違いはもっとも生じやすいため、注意を向けるに値するでしょう。

1. 通知が多すぎる

1時間おきに通知音を聞いてスマホを手に取るのは楽しいでしょうか? しかも、その通知が毎度おなじみの宣伝だったらどうでしょう? 楽しいはずがありません。重要なのは、量と質は比例しないということです。顧客を苛立たせることなく惹きつけるためには、通知は少なくするべきです。たとえば、SmartInsightsの専門家は、通知を受けたユーザーの行動と反応を分析して、1日に1回、週に5回以上プッシュ通知を送らないことを推奨しています。また、月曜日か火曜日にプッシュ通知を送ると訪問率とクリック率がもっとも高くなるという統計データもあります。

2. 時間帯を無視している

ユーザーが起きるのも待ちきれずに、早朝5時にプッシュ通知を送ったとします。これは、商品やサービスの利用をやめることに繋がるかもしれない、別の意味で「凄まじい」ユーザー体験です。定期利用者が住んでいる地域のタイムゾーンを考慮に入れることは非常に重要です。フィードをスクロールしている人が多いランチタイム付近に通知時間を設定しましょう。タイミングが悪いと、購買してくれるどころか配信を解除されてしまいます。

3. パーソナライズされていない

パーソナライズされたメッセージはこれから先も効果的であり続けるでしょう。パーソナライズするとより多くのユーザーが注意を向け、閲覧しクリックするため、結果として見込み客をリピーターに変える助けになります。顧客が求めているものをよく観察して、ありきたりで強引な宣伝ではなく、顧客にとって本当に価値あるものを提供しましょう。

4. ターゲティングが不適切

ターゲットの顧客を獲得したければ、まずそのターゲットを決めなくてはいけません。Lisanne Barnaart氏はこの記事において、ユーザーや訪問者の分類に役立つ4つの特性に注目しています。プッシュ通知でより良い結果を得るためには、Webサイトやアプリを使う前の行動、購買履歴、居住地、好みという4つの特性を考えるべきだそうです。これらの情報を念頭に置くと、すべてのユーザーに対して1種類のメッセージを送るだけで、さまざまな種類の顧客にリーチし、クリック数や閲覧数、そして購買数を上げることができます。

5. テストも最適化もしていない

適切なプッシュ通知は1回で作り切れるものではなく、改善し続けることでできあがるものです。結果を改善して目標を達成する際には、フィードバックの分析やA/Bテスト、訪問数やクリック数の統計が強力な情報になります。新しいアプローチやコンテンツ、デザインなどを取り入れながら、適切に評価と最適化をしなければ、プッシュ通知は退屈なものになってしまい、コンバージョン率を上げることなく契約者の数を減らしてしまうでしょう。

上記の間違いと反対の作業をすれば、確実にプッシュ通知を有益で効果的なプロモーションツールに変えられるでしょう。続いて、顧客の行動を喚起して、掲げた目標を達成できるプッシュ通知を制作するためのヒントについても書いていきます。

プッシュ通知を確実に機能させる方法

プッシュ通知は、正しくデザインすればコンバージョン率とクリック率を上げるもっとも効果的なマーケティングツールになるでしょう。プッシュ通知には、マーケティング戦略やアプリ全体のパフォーマンスを達成するための暗黙のルールがいくつか存在します。

たとえばKC Karnes氏は、タイミング、価値、パーソナライズの3点だけを強調していますが、この3つがすべてではありません。優れたプッシュ通知を制作するためには、以下のような多くの特徴を持っている必要があります。

1. パーソナライズ

パーソナライズすることでメッセージにより多くの価値が加わることに、疑いの余地はありません。自分の興味が満たされ、意見を聞いてもらい、好みが繁栄されているとわかればユーザーは喜びます。プッシュ通知をパーソナライズして、顧客を満足させてください。

2. セグメンテーション

セグメンテーションは、パーソナライズの次に重要です。ユーザーが気にとめていない商品やサービスを宣伝するのに時間やコスト、労力をかけないようにしましょう。ユーザーの好みを分析して、洗練された通知を提供しましょう。

3. 緊急・限定的であること

プッシュ通知のもう1つの重要な特性は、リアルタイムに送られることです。顧客の購買意欲をすぐに喚起できるように、リアルタイムで、限定された通知を提供する必要があります。

4. タイミング

タイミングが悪いと通知を解除される一方で、タイミングを見計らえば顧客のエンゲージメントを高めることができます。ユーザーは余暇の時間にもっとも通知に反応するので、ランチタイムや夕方がプッシュ通知を送る最適な時間です。

5. 価値

プッシュ通知を顧客にクリックしてもらうためには、通知に価値を持たせる必要があります。パーソナライズし、セグメントを分けることで、ユーザーにとって価値あるものを見つけることができます。また、期間限定の割引や無料の商品を一緒に提供することで、価値を倍増させることもできるでしょう。

6. カスタマイズされたCTA

CTAのカスタマイズは、求める結果を得るためにもっとも重要なステップの1つです。通知をクリックすることで得られる利益がユーザーに伝わる、わかりやすく簡潔なCTAでなければいけません。

つまり、顧客にクリックして購買してもらえるよう、プッシュ通知内のあらゆる言葉と画像を熟慮する必要があります。そのようなメッセージをアプリで設定するのは簡単ではありません。言葉やフォント、画像などを変更するのに時間がかかるかもしれませんが、時間をかける価値は間違いなくあります。

7. クリエイティビティ

最後の特性は6つ目のものと密接に関係しています。ほかのプッシュ通知よりも良い意味で目立たせてください。最高の通知を提供し、最高の分析を行い、つねに最善をつくし、商品やサービスの唯一無二の価値を独自の方法で世界に示しましょう。

プッシュ通知のパフォーマンスを改善するためのヒントやアドバイスがもっと欲しいならば、デジタルマーケティングやSEO、カスタマーサポート分野の専門家38名のアプローチや実例、アドバイスなどを掲載したこちらの記事をチェックしてみましょう。それらの効果的なヒントを頭に入れておけば、プッシュ通知は期待を上回る働きをしてくれるでしょう。

Webやモバイルのプッシュ通知は、あらゆるマーケティング戦略にとって必要不可欠なものです。そしてプッシュ通知は、適切で、価値があり、パーソナライズされていなければなりません。直面するかもしれない間違いを理解しておくことで、プッシュ通知を効率的に管理することができるでしょう。

マーケティングの必須ツールとしてのプッシュ通知

プッシュ通知は素早く効果的に作用し、パーソナライズすることで高い価値を提供することができます。そのためプッシュ通知は、もっとも効果的で、それゆえにもっとも広く利用されるマーケティングツールの1つになっています。

デジタル分野の専門家は、ユーザーの製品やサービスに対するエンゲージメントを高めるための手段として、ますますプッシュ通知に注目しています。プッシュ通知を設定し管理する際には複雑な要素も存在しますが、便利なアドバイスをいくつか頭に入れておけば、それらは簡単に避けられます。プッシュ通知を活用して、顧客のエンゲージメントと売り上げを向上させましょう。


イベント