フリーランスのWebデザイナーが起業する際にかかるコストとは

Eric Karkovack

Ericは20年以上の経験を持つWebデザイナーです。”Your Guide to Becoming a Freelance Web Designer“の著者でもあります。

この記事はSpeckyboy Design Magazineからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

What Does It Cost to Run a Freelance Web Design Business?

すべてのビジネスには、独自の「事業を行うコスト」が存在します。多くの場合、所属している業界によって、事業を立ち上げて稼働させるコストや、事業を成り立たせるコストは決まりやすいです。しかしフリーランスWebデザイナーは、コストについて非常に柔軟に考えることができる仕事です。

どこに住んでいるのかや、どのような種類のサービスを提供しようとしているかによって、立ち上げ費用は実質ゼロにすることもできます。逆に、数千ドルに達する可能性もあるでしょう。小規模で働く単独の起業家であれば、伝統的な産業ビジネスが夢見るレベルの負担の軽いレベルのコスト管理のみで済みます。

フリーランスとして仕事を始めようとしているデザイナーにとって、これは素晴らしい情報です。また、すでに事業を営んでいるなら、定期的にコストを再評価する必要があるかもしれません。

それでは、フリーランスのWebデザインビジネスを運営するに当たってかかる一般的なコストや、稼いだ資金をどこに投じるのかを決定するのに役立つアドバイスを見ていきましょう。このリストで完璧に網羅できるわけではありませんが、フリーランスのWebデザイナーとしてビジネスを正しく運営するのに役立つはずです。

起業

事業を始めるには、多くの計画と忍耐が必要です。また、起業にはかなりのコストが発生する可能性もあります。しかしどれだけの金額を費やす必要があるのかには、正しい判断基準が存在するのです。ここで考慮すべきことはいくつかあります。

働く場所

事業を始めるための初期費用は、働く場所と密接に関係しています。オフィススペースを設けることができる領域さえあれば、家で働くのが通常もっとも安い選択肢です。たとえば予備の部屋、広い部屋の一部、あるいは地下室やガレージでも仕事ができます。必要な家具や備品が一部または全部揃っていれば、さらに費用を節約できるでしょう。

オフィスやコワーキングスペースを借りるのは、他と比べて高価な選択肢です。既にある程度大きなキャッシュフローを持っているのでなければ、仕事場のスペース代金を見繕うことは非常に難しいでしょう。しかし外で働く方が好みなのであれば、仕事場が外にあることでより良い職場環境が生まれるかもしれません。

ビジネス料

仕事場の運営費用について考えるように、事業が拠点としている地域でも同様に費用がかかる可能性があります。初めに事業実施に向けた法律の認可を得るためには、必要な事業登録料や許可が必要かもしれません。たとえば一部の地域などでは、定款とは違う架空の名前でビジネスをするにあたって費用が請求されることもあります。また、地域によって税率や仕組みも変わるでしょう。

ビジネスを始めるために国や地域、地方自治体の規制が関わってくるときには、するべきことを正確に見つけられるように下調べをしましょう。確信が持てないのであれば、手助けしてくれる専門家に相談してください。相談には追加のコストが少し必要になりますが、そのぶんプロセス全体を通して安心して起業することができるでしょう。

設備とソフトウェア

スペックのいいPCや高級なアプリケーションをすべて手に入れられるのであれば、その分いい仕事ができますし、それはとてもラッキーなことです。しかし多くの場合、ニーズに合わせて必要なものを選択する必要あるでしょう。

ハードウェアの価格は近年かなり下がっていますが、性能と品質を保つためには常にある程度の費用が必要です。デザインと開発にともなうすべてのマルチタスクを処理できるように、少なくとも十分なストレージとメモリを備えた中価格帯コンピュータに投資することは価値があります。

無料のアプリケーションを使用するだけでも理論上ほぼすべてのことを実行できるため、ソフトウェアへ投資をするというのは興味深い選択肢です。Sublime TextからGIMPWordPressまで、さまざまな選択肢があります。もっとも重要な基本機能はすべて網羅されており、ソフトウェアにお金をかける必要はありません。

それでも、市販の有料ソフトウェアが適しているときもあります。サブスクリプション形式のサービスであるAdobe Creative Cloudを利用するにはでは、かなりの金額が発生しますが、最新のリリースや業界標準の機能の利用が確約できます。どのようにしてソフトウェアを揃えるのかは、個人の好みと予算の問題です。

継続費用

ビジネスが立ち上がったあとも、物事を好調に維持し続けるためにいくらか資金を使う必要があるでしょう。オフィススペースを借りることを選んだ場合、継続費用として毎月高額の費用を支払うことになるでしょう。しかし、それ以外にも考慮すべき点がいくつかあります。

Webホスティング

Webホスティングサービスを利用するのであれば、かかる費用は月に数ドルから数百ドルにまで及ぶこともあるでしょう。どれだけの費用を支払うのかは用途次第です。

クライアントにホスティングを転売する場合は、そのサービスをどのように実装するのか戦略を策定することが重要です。たとえば、各クライアントがそれぞれ独自のアカウントをもつようにしたり、単に全員を1つの大きなサーバースペースに集約することもできます。どのような戦略で利用するかを考えたうえで、ホスティングサービスの利用料よりも高い価格を設定し、クライアントに料金を請求することができるでしょう。

ただ、ここで稼げるお金というのは微々たるもので、ホスティング費用が他のコストを賄うことはないでしょう。これによって資金を稼ぐか否かといった判断はあなたが個人的に決めるものです。月ごとや1年ごとに料金をクライアントに請求するデザイナーもいれば、追加収入を得るためにアフィリエイトのみに頼っている人もいます。

どのような判断であれ、短期・長期目線のどちらで考えても自分にとって正しいアプローチであることを確認してください。あとから判断を変更するのはおそらく難しいでしょう。

ソフトウェアライセンス

ソフトウェアについては、すでに事業を立ち上げるコストの一部として言及していますが、これには継続的なコストもかかります。もちろん、コードを書いてデザイン作業をするのに使うソフトウェアには、ライセンスを維持するために毎月、あるいは毎年の費用がかかるかもしれません。しかし、その費用は総額のほんの一部です。

考えるべきもう1つのコストは開発者ライセンスについてです。有名な例としては、市販のWordPressプラグインで高い年会費を払うと、ソフトウェアを任意の数のプロジェクトで使用できます。つまり、新しいプロジェクトごとにソフトウェアを個別に購入するのではなく、複数のサイトで使用するために1つの強化ライセンスを購入するのです。

開発者ライセンスの最大の利点は、クライアントにソフトウェアを購入するよう説得したり、多数のライセンスキーの更新を苦労して管理する必要がないことです。また、費用対効果が高いことも利点として挙げられます。

逆に開発者ライセンスを利用する欠点は、ライセンスを更新しないことにした場合、後からクライアントを説得して自身で新しいバージョンのソフトウェアを売り込まない限り、古いバージョンのソフトウェアが利用され続けることになります。

長所と短所を比較して、自分のビジネスに取り組むための状況でもっとも機能すると思う決断をしてください。

マーケティング

マーケティング費用は高価である必要はありません。フリーランスのなかには、まったくマーケティング費用を使わない人もいます。マーケティング費用を考えなくてもよいかどうかは、いくつかの要因から決まります。

Webデザイン市場は競争相手も多いため、その中で目立つことは難しいでしょう。年中新規顧客獲得に頼ってビジネスを進めるのであれば、いくつかの広告を打ち出すことは理に適っています。

合理的な予算を設定し、広告を特定の地域やデモグラフィックに合わせて微調整することができるため、オンライン広告は多くの場合有効な手段です。ただし、希望する結果に応じて、印刷広告やはがきなど、伝統的なマーケティング手段の利用についても検討する必要があります。

そして、SEO対策も忘れないでください。検索は潜在顧客を振り向かせる強力な手段です。SEO対策のために直接お金を費やす必要はありません。必要なのはほんの少しの時間です。

コストを管理する

フリーランスであることの大きな利点の1つは、最終的にすべての重要なビジネス上の決定を管理できるということです。したがって、どれだけコストを費やすかを操作できるものが非常にたくさんあります。

税金や許可手数料など、避けられない項目もいくつかあります。しかしそれ以外のの支出については、ビジネス上の投資として扱うことが重要です。資金を費やす前に、その投資が収益にどのように貢献するのかを考えてください。直接的に、または生産性向上などの形で間接的に事業に貢献するのであれば、コストを支払うだけの価値がそこにあるはずです。

資金繰りで賢明な決断をすることで、事業を上手く立ち上げて、ビジネスを運営する上で直面する多くの課題に対して強く立ち向かうことができるでしょう。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

イベント