情報過多な時代に私たちはどうコンテンツを届けるのか

Paul Boag

PaulはUXのデザイナーでありデジタルトランスフォーメーションの専門家です。彼はユーザーを促進するためのウェブやソーシャルメディア、モバイルの活用を、非営利やビジネスの分野で手助けしています。

この記事はboagworldからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

How to Combat Information Overload in Content Marketing

コンテンツマーケティングがますます盛んになっている現代で、私たちは情報オーバーロード(information overload:情報過多)にどのように対処すれば良いのでしょうか? 時間のないユーザーに、どのようにコンテンツを届ければ良いのでしょうか?

私は13年の間ブログを書き続けており、これは私のビジネスの成功の原動力でもありますが、近年ではこの情報オーバーロードが深刻な問題になりつつあります。

これまで私はマーケティングに一銭も支払ってきませんでしたが、社員を忙しく働かせ続けるのに充分なリードを集めることができていました。しかし、情報オーバーロードによってその事態は変わりつつあります。

2015年、私はコンテンツマーケティングの隆盛について記事を書きました。潜在顧客と関係を持つ方法として、より多くの企業が貴重なコンテンツをユーザーに提供する効果に着目していました。コンテンツマーケティングは非常に効果的な戦術だったため、急激に採用されていきました。そして結果的に、情報は増えすぎてしまったのです。

2019年現在、コンテンツの爆発的な増加によって、ユーザーの注意を引くことはさらに難しくなっています。あまりに多くのコンテンツが提供されているため、忠実なユーザーを獲得しない限り、それらの中から突出することは難しくなりました。

ユーザーが情報オーバーロードに苦しんでいるせいで、ブロガーとして高い評判を得ている人々でさえ定期的な読者数が落ち込んでいるのです。それでは、この問題に対する解決策は何でしょうか?

私の見解では、情報オーバーロードと戦うには2つの道があり、そのそれぞれに利点や欠点があります。

情報オーバーロードに適応する

最初の選択肢は変化しているユーザーの行動に適応することです。そのためには、彼らがどのように変化しているのかを理解する必要があります。もしユーザーがもうブログを追わなくなっているとしたら、彼らは代わりに何をしているのでしょうか?

私の調査によれば、ユーザーは具体的な問題について検索し、その解決策として検索結果から誰かのブログに辿り着くことが多いようです。たとえば、あなたがこの記事を読んでいるのは、「情報オーバーロード」と検索したからかもしれません。

もしこれが真実であれば、コンテンツマーケティングはユーザーの問題に確実に基づいていることが必要です。さらに、もし検索エンジンで人々が検索している用語の上位を獲りたいならば、それらの用語に注意を払う必要があります。

ユーザーに確実にコンテンツを届けるために、私たちはSerpstatのような検索最適化ツールにもっと頼る必要があるでしょう。

しかし、SEOを倍にすることだけが選択肢ではありません。ユーザーが過剰な情報にあまり困惑していないときにコンテンツを届ける方法も考えられます。

生活の合間にコンテンツを届ける

情報オーバーロードは人々にとって深刻な問題であり、彼らの時間は限られていますが、コンテンツマーケティングの根底にある原則はいまだ変わっていません。つまり人々は自分自身を成長させ、新しいスキルを学びたいと思っているのです。

これを念頭におくと、忙しい生活習慣にフィットしやすいようにコンテンツをデザインし直すことが鍵になるでしょう。

コンテンツによっては、スケジュールの合間に消費できるような、小さくて理解しやすい情報に要約するべきかもしれません。この本質は、人々がソーシャルメディアを消費する態度と同じで、人々の暇な時間を獲得しようとしているのです。

しかし、他の選択肢もあります。

スクリーンを見ない時間のためのコンテンツをつくる

情報オーバーロードによって、ユーザーがスクリーンに集中している時間を奪う競争は過熱しています。しかし、ユーザーがスクリーンを見られない時間についてはどうでしょうか? 運転しているときやジムにいるときなど、スクリーンが見られない何らかの活動をしている時間では、ユーザーの注目を奪い合う競争はかなり抑制されます。

ユーザーはそのような瞬間のためのコンテンツを切望しています。それが真実かどうか確かめるには、Audibleというオーディオブックを提供する会社の収益を見るだけで十分です。2018年には、Audibleの収益は45%も増加しています。

そのため、私はいまだにポッドキャストという媒体に対してポジティブに捉えています。スクリーンが存在しない時間では情報オーバーロードがあまり問題にならないため、非常に大きなポテンシャルがあると信じています。

Spotifyもまた、ポッドキャストに対してポジティブなスタンスを示しているようです。近年Spotifyは2つの主要なポッドキャストネットワークを獲得し、今年はさらなるポッドキャスト関連の買収に4~5億ドル費やすと明言しています。またSpotifyは、ユーザーが何かを聞く時間のうち20%がポッドキャストに費やされるようになると予測しています。

だからといって、私たち全員がラジオトークショーの司会に転職する必要があるわけではありません。大抵のポッドキャストは一般的なマーケティングチームが提供するには時間が掛かりすぎるため、必ずしもビジネスの目的に沿うとは限らないでしょう。

ブログのコンテンツをオーディオフォーマットに転換することで、情報オーバーロードを切り抜けられる可能性があります。

より実現しやすいのは、すでに存在するブログの内容をユーザーが定期購買できるオーディオフォーマットに置き換えることです。お気づきの読者もいるかもしれませんが、ブログの記事はすべてこれを実行しています

このアプローチではすでに提供したコンテンツを利用することができます。さらに、情報オーバーロードから自由になった状態で、より幅広い人々にコンテンツを届けることができるでしょう。本質的には、本を出版したあとにオーディオブックを提供することと同じです。

情報オーバーロードは解消しない

情報オーバーロードが人々の思考を支配し続けている現代では、私たちはコンテンツを届ける方法についてクリエイティブに考える必要があります。

しかし、それ以上に重大な教訓をお伝えします。Webの世界において、私たちは立ち止まっていることはできません。もし成功しているなにかがあれば、それが廃れるまで人々は乗っかり続けます。結果的に、昨日まで機能していたことが、明日には機能しないかもしれません。したがって、私たちは常に未来に目を向けておかなければならないのです。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集