【userdel, usermod】Linuxでユーザーを変更・削除するコマンド

Linuxでユーザー情報を変更する方法と、ユーザーを削除するコマンドを紹介します。

【usermod】ユーザー情報を変更する

既に存在しているユーザーアカウントの情報を変更します。まだ、ユーザーを追加していない場合は、「useradd」コマンドで新規ユーザー作成でができます。

所属するグループを変更する:
ユーザーのグループを変更する場合は、「-g」オプションを使います。

ユーザーのパスワードを変更する:
パスワードを変更する場合は、「-p」オプションを使います。ただし、パスワードの入力が一度のみなので、パスワード変更の時は「passwd」コマンドの使用をおすすめします。

ログインシェルを変更する:
ログインシェルをzshに変更する場合は、「-s」オプションを使い、「/bin/zsh」を指定します。

ホームディレクトリを変更する:
ホームディレクトリ(/home/ユーザー名ディレクトリなど)を変更する場合は、「-d」オプションを使います。

【userdel】ユーザーアカウントを削除する

ユーザーアカウントと関連するファイルを削除するコマンドです。

ユーザーアカウントと関連ファイルに加え、ホームディレクトリも削除する場合は、「-r」オプションを使います。