Pythonでファイルの書き込みを行う:write, writelines

ファイルへ書き込むにはwrite関数やwritelines関数を使用します。

write関数でファイルに書き込みをする

write関数の書式は以下の通りです。

write関数を使用したサンプル

ファイルを開くのにはopen関数を利用します。書き込みの場合は第2引数に「'w'」を渡してファイルを書き込みモードで開いておくのを忘れないようにしてください。

sample.txtの中身を確認するとtext変数の文字列が書き込まれていることが確認できます。

writelines関数で配列の文字列をファイルに書き込む

writelines関数では配列を引数に渡すと、配列内の文字列をファイルに書き込むことができます。使い方はwrite関数とほぼ同じです。

writelines関数の書式は以下の通りです。

writelines関数を使用したサンプル

sample.txtの中身を確認するとtext変数の配列の中身が書き込まれていることが確認できます。


イベント