PythonでCSVファイルの読み込み・書き込みを行う方法

CSVファイルを読み書きするには、csvモジュールのcsv.readerとcsv.writerを使用します。

CSVファイルの読み込み

まず、open()でファイルをオープンします。

次に、readerオブジェクトを作成します。

そして、for文やnextなどを使ってreaderオブジェクトから1行ごとに取得します。

この場合、rowはカンマで区切られたリストが格納されています。

ファイル読み込みのサンプル

ファイルを読み込むときはopen()を読み込みモードで指定してファイルを開きます。

ここではwith構文を使うことで、オープンしたファイルのクローズを省略しています。特に理由がない場合は、with構文を使用した方が安全にファイルを扱うことができます。

next文を使うことでヘッダーなど特定の行の処理を分けることができます。

例えば上のCSVファイル(sample.csv)を読み込むと、以下のような実行結果になります。

CSVファイルの書き込み

まず、writerオブジェクトを作成します。

そして、writerowやwriterowsを使って書き込みます。1行だけ書き込むときにはwriterow、複数行を書き込むときにはwriterowsを使用すると良いでしょう。

書き込みのサンプル

下の例では1行目のヘッダーをwriterow関数を使って書き込み、2行目以降をwriterows関数を使って書き込んでいます。

上のプログラムを実行すると以下のようなファイル(sample.csv)が作成されます。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

イベント