コンテンツSEOとは?おさえておきたい3つのポイント

Webマーケティングを行う方なら「コンテンツSEO」という言葉を耳にしたことがあると思います。

ホワイトハットSEOが注目されている今、コンテンツSEOを上手に行うことはSEO対策において非常に重要になるでしょう。

この記事では、コンテンツSEOと3つのポイントについて紹介していきます。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、コンテンツマーケティングの一環で、サイトのコンテンツを中心に行うSEO対策をことを意味しています。

コンテンツSEOでは、サイト内部の質を上げて、ユーザーと検索エンジンの両方から評価されるコンテンツを多く含んだ良質なサイトの運営を目標としています。

実は、コンテンツSEOの概念は以前からありました。ところが、近年Googleが検索アルゴリズムの大幅なアップデートを行い、サイトの内容に重きを置くようになったため、頻繁に使われるようになったのです。

コンテンツマーケティングや検索アルゴリズムのアップデートについては、以下の記事を参考にしてみてください。

コンテンツSEOで注意する3つのポイント

1.ユーザーが求めている情報を知る

ユーザーにとって有益なコンテンツを作成するためには、ユーザーの検索ニーズがあるキーワードや、そのキーワードについてどのようなことを検索しているのかを知る必要があります。

キーワードが、どれくらい検索されているのか(検索ボリューム)を知るためにおすすめなのがGoogle AdWordsです。

Googleアカウントを持っていれば、Google での検索ボリュームを簡単に調べることができます。

また、あるキーワードについてユーザーがどのようなことを知りたいのかを調べるには、goodkeywordが便利です。

goodkeywordでは、あるキーワードに関連するキーワードがわかるため、ユーザーが求めている情報を把握して、よりコンテンツの内容を充実させることができるでしょう。

また、コンテンツの信頼度を上げるためにも、共起語を知ることもおすすめです。共起語については、以下の記事を参考にしてみてください。

2.検索エンジンのガイドラインを知る

情報をたくさん詰め込んだサイトを作ったとしても、ユーザーにとって有益ではないと検索エンジンに判断されてしまっては、元も子もありません。

検索エンジンがどのようなサイトを良質であると判断するかの基準を理解して、常に意識してサイト作成をする必要があるでしょう。

Googleが提示している遵守すべきガイドラインはこちらです。

3.継続的に取り組む

ただひたすらにコンテンツを生み出すことは、一時的には効果があるかもしれませんが、ユーザーにとってはあまり有益ではないでしょう。

常にユーザーのニーズを把握して、作成したコンテンツの更新や、新たなコンテンツの作成を継続的に行うことで、信頼のあるサイトが生み出されるでしょう。

まとめ

以前からあったコンテンツSEOという概念は、検索アルゴリズムのアップデートに伴い頻繁に使われるようになりました。

コンテンツSEOをもう一度確認して、ユーザーと検索エンジンの両方から評価されるコンテンツ作成を行いましょう。


イベント