【head】Linuxでファイル先頭を表示するコマンド

Linuxでファイルまたは標準出力の先頭部分を表示するコマンド「head」について紹介します。

headコマンドがファイル先頭、tailコマンドがファイル末尾をそれぞれ表示します。

ファイルの先頭から指定行数を表示する

headコマンドは、ファイルの先頭からn行目までを表示するコマンドです。デフォルトでは先頭の10行を表示します。

オプションの指定などは、ファイルの末尾を表示するtailコマンドと基本的に同じです。

「-n」オプションで表示する行数を指定できます。

ファイルの先頭30行を表示

「-c」で行数ではなく、バイト数で指定もできます。英数字の場合は、「1文字 = 1バイト」です。

ファイルの先頭から15バイトを表示

標準出力の一部を取得する

またパイプを使い、tailコマンドに標準出力を渡すこともできます。

psコマンドの実行結果(標準出力)の先頭5行を表示


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集