PythonでMySQLを操作する方法:MySQLdb

MySQLをPythonから利用するMySQLdbモジュールの使い方について説明します。MySQLdbは標準ライブラリではないので、利用するにはあらかじめライブラリをインストールしておく必要があります。

まず、パッケージ管理システムのpipを使ってMySQL-Pythonをインストールします。

※pipがインストールされていない場合はこちらの記事を参考にしてください。

レコードの挿入

以下のプログラムはレコードを挿入するプログラムです。

はじめにMyqSQL.connect()でデータベースに接続します。引数には、ホスト名、ポート番号、ユーザー名、パスワード、接続するデータベース、文字コードを渡しています。不要な引数は省略できます。corsor()でカーソルを取得し、execute()メソッドの引数にはSQL文を渡して実行しています。insert文を指定することで、レコードの挿入を行います。最後にcommit()でコミットを行い、データベースを閉じます。

※MyqSQL.connect()で指定できるオプションはMySQLdb User's Guideが参考になります。

レコードの参照

次のプログラムは、上記で挿入したレコードを参照するプログラムです。SQL文のselect文をexecute()メソッドの引数として渡します。

上のプログラムの実行結果は以下のようになります。

SQL文を変更すれば、データベースの更新や削除も実行することができます。