【chgrp】Linuxでファイルやディレクトリのグループを変更するコマンド

Linuxのchgrpコマンドを使うことで、ファイルやディレクトリの所有グループを変更することができます。

chgrpコマンドの書式

chgrpの書式は以下の通りです。

オプション

-c グループが変更されたファイルのみ詳細を表示する
-f グループを変更できなかった場合も、エラーメッセージを表示しない
-v グループの変更の経過を詳細に表示する
-R 指定のディレクトリ内を再帰的に変更する

グループを変更する

変更前のグループを確認するために、lsコマンドを使用してtepm.txtファイルのグループを確認します。

temp.txtの所有者がhoge、グループがadminであることが確認できました。

temp.txtファイルのグループをmemberというグループを変更します。

もう一度lsコマンドを使用して、temp.txtファイルのグループ名を確認します。

temp.txtファイルのグループがadminからmemberに変更できていることが確認できました。ただし、chgrpコマンドはスーパーユーザーの権限がないと実行できません。

ディレクトリ内のファイルのグループをすべて変更する

ディレクトリdir内のグループ名を確認します。

「-R」オプションを付けることで、ディレクトリ内のファイルを再帰的に変更できます。

lsコマンドでdir内のグループを確認します。

すべてのグループがmemberに変更できていることが確認できました。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

UX MILKのディレクター募集