【RPM入門】Linuxのパッケージ管理システム「RPM」とは?

「RPM」は、主にLinuxのRed Hat系ディストリビューションで用いられるパッケージ管理システムであると同時に、ソフトウェアパッケージのファイルフォーマット(.rpm拡張子)でもあります。

今回は、パッケージ管理システムとしての「RPM」と、ソフトウェアパッケージとしての「.rpm」について説明していきます。

パッケージ管理システム「RPM Package Manager」

「PMS」「RPP」「PM」などに影響をうけ1997年に開発されたパッケージ管理ツールで、元は「Red Hat Package Manager」という名前でした。

元は、Red Hat系のディストリビューションのみに採用されていましたが、ドイツを中心としたヨーロッパで多く使用されている「SUSE Linux」などでも採用されています。

「RPM」の後継にあたるパッケージ管理ツール

現在では、「RPM」を元にしたより高機能なパッケージ管理システム「Yum」が広く使われています。また、最近では「Yum」をフォークした「DNF」がFedore22のデフォルトパッケージ管理システムとして採用されています。

「.rpm」ファイルフォーマット

「.rpm」ファイルは、Red Hat系のLinuxディストリビューションで採用されている、Linux用に開発されたパッケージ形式。Red Hat Enterprise LinuxのほかTurbolinuxやVine Linux等でも利用される。

「.rpm」ファイルの命名規則

RPMファイルの名前には、名前、バージョン、リリース、アーキテクチャなどの情報が含まれます。

例えば、「tree」コマンドのパッケージ「tree-1.5.3-3.el6.x86_64.rpm」の場合は、以下のような意味となります。

=====================
名前     : tree
バージョン  : 1.5.3
リリース   : 3.el6
アーキテクチャ: x86_64
=====================

「.rpm」ファイルをインストール

「.rpm」ファイルをインストールするには、パッケージ管理システムを使います。「Yum」を使ったパッケージのインストール方法は下記を参照してください。

【yum install】パッケージをインストールする


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square