【less】Linuxでファイル閲覧するコマンドの使い方

Linuxでファイル閲覧をするコマンド「less」について紹介します。

【less】ファイル内容の閲覧をする

$ less ファイル名

「less」コマンドは、ファイル内容を閲覧するためのコマンドです。「vi」などのエディタとは違い、純粋にファイル閲覧をするためのコマンドです。

「less」コマンド中に使える操作

「less」では以下のようなキー入力で操作することができます。より詳細は、「$ less --help」で確認してください。

SPACEキー 1画面スクロール
bキー 1画面逆スクロール
dキー 半画面スクロール
uキー 半画面逆スクロール
リターンキー/eキー/jキー 1行スクロール
yキー 1行逆スクロール
gキー 先頭に移動
Gキー 末尾に移動
/検索ワード 文字列検索

コマンドの標準出力をパイプで「less」へ

コマンドの標準出力が長い場合は、パイプで「less」コマンドを使うと便利です。

例えば、「yum」でインストールする時の標準出力を「less」で閲覧する場合は、以下のようになります。

$ yum install nginx | less

「less」と「tail」「cat」の使い分け

Linuxには、ほかにも「cat」、「tail」などファイル閲覧に使えるコマンドがあります。それぞれ、機能が異なるので用途に合わせて使うのが良いでしょう。

ファイル閲覧をする場合「less」

スクリプトや設定ファイルなどを閲覧のみしたい場合は、誤って上書きするリスクがない「less」コマンドがおすすめです。

ログの監視の場合「tail」

ログファイルは通常行数が多いので、ファイル末尾だけを表示してくれる「tail」コマンドに「-f」オプションをつけるのがおすすめです。

参照:【tail】Linuxでファイル末尾を表示するコマンド

文字列を検索・ファイルを表示する場合「cat」

文字列を検索する場合は、「cat」コマンドにパイプで「grep」コマンドを使うのがおすすめです。また、ファイル全体を表示するのにも「cat」コマンドが使えます。

$ cat access.log | grep "Apple"

参照:【cat】Linuxでファイル内容を表示・作成・結合するコマンド
参照:【パイプ】Linuxのコマンドで使う縦線「|」の意味と使い方

「less」と「more」コマンドの違い

「less」コマンドと「more」コマンドは似ていますが、細かい部分で異なる点があります。

例えば、「more」はファイル末尾までいくと終了してしまうのに対して、「less」は「q」と入力するまで終了しません。

また、ファイル閲覧に「vi」コマンドを使うこともできますが、誤って上書きする可能性があるので、あまりおすすめしません。


イベント