内部SEOと外部SEOとは?違いと実践方法

SEO対策とは、検索エンジンを使ってキーワードを検索したとき、サイトが検索結果の上位に表示されるために行う対策のことをいいます。

そして、SEOは大きく分けて内部SEOと外部SEOの2つに分けることができます。

今回は、内部SEOと外部SEOがそれぞれどのようなものかを説明していきます。

内部SEO対策とは

内部SEO対策とは、コンテンツのタイトルやメタディスクリプション、内部リンクなど、サイト内のコンテンツに対して行うさまざまな対策のことをいいます。

しかし、タイトルなどコンテンツ中にただひたすらキーワードを詰め込んでも、Googleからスパムサイトであると判断されてしまいます。

そのため、サイト全体を見やすくしたり、HTMLタグ内の最適化、クローラビリティの改善などを行う必要があります。

HTMLタグとクローラビリティについては、以下の記事で説明しています。

内部SEO対策の実践方法

内部SEO対策を行う際には、Googleが公開しているウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に従ってコンテンツを作成する必要があります。

また、良質なコンテンツにするためには、適切なキーワード設定を行い、コンテンツの内容をユーザーのニーズに沿った充実したものにしなければなりません。

コンテンツの内容について、どのようにすれば豊富なものになるかは以下の記事を参考にしてみてください。

外部SEO対策とは

外部SEO対策とは、自サイトのコンテンツについて行うのではなく、外部からのサイトの評価を高めるための対策のことをいいます。

具体的には、被リンク(外部リンク)を多く集めるための施策のことです。

外部リンクを多く持っていると、検索エンジンは「多くのユーザーから評価されている」と認識し、価値のあるサイトとして評価します。検索エンジンにこうした評価を受けると、検索結果の上位に表示されやすくなります。

外部SEO対策の実践方法

外部SEO対策は、被リンクを増やすことが大きな目的です。

被リンクを増やす方法は、以下の記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

SEO対策は、大きく外部SEO対策と内部SEO対策の2つに分けられます。

2つの観点に立ってSEO対策をバランスよく行い、効果的なSEO対策を実現させましょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)