【cat】Linuxでファイル内容を表示・作成・連結するコマンド

Linuxでファイル内容を標準出力するコマンドです。また、ファイルの作成や複数ファイルを連結するのにも使えます。

ファイル内容を標準出力に表示する

ファイルを指定することでcatコマンドでは、ファイルの内容を全て表示することができます。

ファイル閲覧には不向き

ただし、長いファイルの場合はターミナルを埋め尽くしてしまい全てのファイル内容を閲覧することができないので、ファイル閲覧の用途には向いていません。

Linuxでファイル閲覧するには、lessコマンドtailコマンドheadコマンドなどがおすすめです。

パイプと組み合わせて使う

catコマンドは、パイプ「|」を使ってgrepコマンドと組み合わせて使うことができます。

例えば、sample.txt内の「target」という文字列を含む行を検索して表示できます。

ファイルを作成する

catコマンドを使って新規ファイルを作成することもできます。コマンドを実行すると、ファイル内容の入力状態となりCtrl + Dで入力を終了します。

「Hello, World.」という内容のsample.txtという新規ファイルを作成する例で説明します。

複数のファイルを連結する

また、複数のファイルを連結して標準出力に表示するのにも使えます。

例えば、以下のような2つのファイルがあるとします。

hello.txt

world.txt

この2つのファイルを連結して標準出力に表示するには以下のコマンドを実行します。

catコマンドで連結した内容を保存

連結した内容を保存するのは、以下のようなコマンドになります。


Welcome to UX MILK

UX MILKはより良いサービスやプロダクトを作りたい人のためのメディアです。

このサイトについて

イベント